自由度で比較

合宿免許と通学免許の自由度をまずは比較してみたいと思います。基本的に合宿免許というのは、一般的な小学校や中学校と同じような感じだと思ってよいでしょう。時間割がしっかりと決められているので、自由度は比較的低い方になってしまいます。ただし、自由にできる時間帯がないというわけではありません。教習の終了後や休みの日などは基本的に自由なので、遊びに行くことも可能です。

一方で通学免許の場合には、空いていれば好きな時間帯に実技や学科を受けることができます。そのため、自由度はかなり高くなっていると言ってもよいでしょう。期限が設けられているので、期限内に卒業できれば問題ありません。期限も余裕をもって定めてあるので、好きな日に教習所へ行きたいという人向けだと言えるでしょう。そのため、休みが多い学生は合宿免許向きです。

それに対して社会人であれば、通学免許向けだと言えるでしょう。時間がかかっても自分のペースで免許を取得したいのであれば、当然通学免許を選択するべきですし、とにかく短い時間で集中して免許を取りたいという人は、合宿免許向きです。このようにいろいろな点を比較しておくことで、自分にはどちらの方が向いているのかが分かるようになるでしょう。