免許取得までの期間

運転免許を取得するまでの期間というのは、明らかに合宿免許の方が早くなっています。基本的に合宿免許の場合には、14日から15日に設定されていることが多いので、2週間ぐらいで卒業できるようになっているのです。それに対して通学免許の場合には、1日に行える学科の時間数や実技の時間数が決められているので、2週間で免許を取得することは不可能です。

連日のように通った場合であっても、最低1ヵ月以上はかかると思ってよいでしょう。普通はもっと期間が必要になります。このように短期間で免許を取得したい場合には、当然合宿免許という選択肢になるのですが、そんなに焦って免許を取らなくてもよいという人もたくさんいます。ゆっくりと免許を取得したいという人であれば、通学免許を選択するのもよいでしょう。

また、合宿免許や通学免許の教習機関が終了したら、今度は運転免許試験場へ行って学科試験を行い、合格すれば免許が取得となるので、さらにプラス1日必要になります。これはどちらを選択した場合であっても変わりありません。他にも1人でじっくりと免許を取りたい人は通学免許がよいですし、観光を楽しみたいプランやいろいろな人とコミュニケーションを取りたいという人は、合宿免許を選択するのがよいでしょう。